仮想通貨用語の解説

暗号通貨

 

 暗号通貨とは、セキュリティ対策として暗号技術が利用されている通貨です。

Virtual Currencyとも価値記録とも呼ばれます。公開鍵暗号、ハッシュ、その双方を用いた電子署名等の技術が利用されています。

  暗号通貨の対義語として法定通貨があげられることが多いです。法定通貨は日本円や米ドルなど法律で価値が保証された通貨です。法定通貨はFIAT通貨とも呼ばれます。

 電子マネーなどの第三者式支払手段は暗号通貨に含まれません。 

 

 

ウェブウォレット

 

ビットコインの財布には、デスクトップウォレット(PC上の財布)、ウェブウォレット(Web上の財布)、モバイルウォレット(スマートフォン上の財布)、ペーパーウォレット(紙に印刷された財布)、ハードウェアウォレット(専用財布端末)などの様々な形式があります。

 

Webウォレットは、口座開設・設定が簡単でどのコンピュータからもアクセスが出来るのが長所です。

 

 基本的にセキュリティ面はサイト管理者に一任されるため、信用できるサイトを選ぶことが重要です。

 

 

 

ウォレット

 

ウォレットは、秘密鍵を持つ(自分の)ビットコインアドレスをまとめたものです。

ウォレットサービスごとに詳細は違いますが、受け取り用のアドレスを複数個用意したり、

おつり用のアドレスをそのつど生成したりするので複数のアドレスをひとつのウォレットとして扱うことが出来ます。 

ビットコインのプロトコルレベルではウォレットの概念は存在しません。あくまでもビットコインアドレスが最小単位となり、ウォレットは、アドレスを便利に管理するために考えられた実装です。

 

 

 

 

 

エスクロー

 

エスクローとは、取引の安全性を保証する仲介サービスのことです。

エスクローサービス事業者は売り手と買い手の間に入り、買い手から購入代金を預かり、

 売り手が買い手に商品を配送するのを待つ。配達が完了したことを確認すると、購入代金を

売り手に送金する。買い手は、売り手から商品が届かなかったり、届いた商品が取引内容と

異なる場合には、取引を破棄して事業者から返金を受けることができます。売り手は、

 買い手が事業者に入金したことを確認してから配送できるため、代金を取り損ねることがありません。

ビットコインのマルチシグネチャ技術を活用すれば売買当事者同士でエスクローを行うことも可能です。

 

 

 

仮想通貨

 

仮想通貨とは、インターネットを通じて不特定多数の間で物品やサービスの対価に使用でき、 中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在せず専門の取引所を介して円やドル・ 

 ユーロ・人民元などの通貨と交換できます。仮想通貨の種類は600種類以上あるといわれています。 

資金決済に関する法律 第二条 5による定義

この法律において「仮想通貨」とは、次に掲げるものをいう。

  

 一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、

かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器 

その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに

通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

 

二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、 電子情報処理組織を用いて移することができるもの

 

 

 

 

 

価値記録

 

価値記録とは、価値を持つ電磁的記録の意。通貨でも、物でもない、新たな分類に属するものです。

 出資法(預り金規制)、銀行法(為替取引)・資金決済法、犯罪収益移転防止法に該当しません。

 健全な価値記録取引環境を創造することを目的として一般社団法人日本価値記録事業者協会

 JADA:ジェイダ)という事業者団体が活動しています。

 

 

 

署名

署名 とは、所有者であることを証明する数学的なメカニズムです。

ブロックチェーン上にはビットコイン所有者の「署名」が記録されており、署名が一致する場合だけ所有者が書き換えられる仕組みが採られています。 

もしも、誰かがブロックチェーンにウソの署名を使ってウソの取引内容を記録しようとしても、署名が一致しない場合には、内容は書き換えられません。そして、このブロックチェーンへの署名行為は、秘密鍵を持つ者だけが行うことができるという仕組みになっています。

秘密鍵を持つ者だけがブロックチェーンの書き換えを行えるということ、すなわちビットコインを他人に送信できます。さらに、ビットコインの秘密鍵を持っていることがビットコインを保有するという事を意味しており、秘密鍵を持っているという事実だけがビットコイン所有者であることを証明しています。

 

スパム 

スパムとは受信者の意向を無視して、無差別かつ大量に一括して送信される、

 電子メールを主としたメッセージのことです。

ビットコインにおいては、ストレステストと言われるような大量の小さなトランザクションで占めることを言います。

 

 

デフレーション 

デフレーションとは、経済全体の財やサービスの価格(物価)が継続的に下落する現象で、 

貨幣価値の上昇を意味します。 

ビットコインの発行量は年を減るごとに低減していく為、もしビットコインを使う人間が増えていけば、発行量に上限のある ビットコインの価値は上がると思われます。

ビットコインはデフレ期待によりビットコイン・ネットワークの安全性を向上させる

 という自己完結的なシステムです。

 

 

トランザクション 

ビットコインのトランザクション(取引)は複数のTxIn(支払元)と複数のTxOut(支払先)によって構成されます。

すべてのTxInは秘密鍵によって署名する必要があります。TxInの合計数量とTxOutの合計数量の差が手数料と呼ばれ、ブロック生成時に採掘者が手に入れます。

  

TxInにはアドレスも数量も書いておらず、支払いもとのコインを入手したトランザクション(ハッシュ)とそのトランザクション内のTxOutの何番目かのインデックスしか書かれていません。

  

そのためTxInの合計数量を計算するには1億以上あるトランザクションから対象となるトランザクションを取り出さなくてはなりません。ビットコインデーモンを新たに作成する場合一番苦労する点でしょう。 

さらにその支払い元のコインが2重払いになっているかを判定するためには工夫を要します。

 

 

 

 

中本哲史

 

中本哲史とは、2009年にビットコインのアイデアをネット上に発表し、ビットコインプロトコルと参照ソフトウェアBitcoin-Qtを 作ったことで知られる人物の称する氏名です。当該人物の正体は不明です。

 

 

 

ナンス

 

ナンスとは、Number used once(一度だけ使用される使い捨ての数字)の略で、ブロックを生成するときに採掘者(マイナー)によって生成される32ビットの数値です。ブロックを生成するためには採掘難易度より小さいハッシュを計算することが必要です。もちろん何度計算してもハッシュ値は同じなのでナンスをどんどん変更させてハッシュ値を変えていき、うまくいくナンスを探すことになります。

 

 

ノード

 

ビットコイン・ネットワークに参加しているプログラム一つ一つのことです。さらにマイニングを主体とするノード、ウォレット機能を主体とするノード、軽量化ウォレット(SPV)機能を主体とするノードなどの種類があります。

 

 

 

 

 

ハッシュ

 

ハッシュ(またはハッシュ値)とは、あるデータを変換して得られる固定長のデータのことです。

ハッシュはあるデータを一方向にしか演算できないのが特徴で、ハッシュ化されたデータを

元のデータに戻すことはほぼ不可能です。また元のデータを1文字でも変更するとハッシュ化された データは全く違う結果となり、元データを推測することを不可能にしてます。

 暗号は暗号化したデータを復号できるのに対し、ハッシュは復号できないという大きな違いがあります。

 

 ハッシュ値を得るための関数を「ハッシュ関数」といいます。データの改竄を検知したり、パスワードの照合、データ検索の高速化などに用いられています。ビットコインにおいてはハッシュはいたるところで使われています。

特にマイニング(採掘)ではハッシュを計算する効率が最も重要でハッシュ計算に特化した

 ハードウェア(チップ)なども開発されています。

ビットコインで使用されるハッシュは SHA-256RIPEMD-160 です。これらのハッシュはGPUで計算するのに向いており、後発のアルトコインではScrypt系のハッシュを使うことで普通のPCでも採掘しやすいように工夫しているものも多いです。一般的にパスワードはハッシュ化されて保存されています。

 そうしておけば事業者が、ユーザーのパスワードを知ることは不可能であり、また漏洩に耐えられるのでこのような設計にするのが必須です。

 

 

 

 

ビットコイン

 

bitcoinは、ビットコインという通貨自体を示す単語です。

 ビットコインは仮想通貨(価値記録)です。仮想通貨ですが実際に価値を持っており、 

 金に近い性質だと言われています。中央銀行や特定の企業のような発行体が無いのが特徴です。

 価値の源泉は人々の信用のみで、多くの人が価値があると信じているので価値が生まれます。

ビットコインは、プログラム上で新規発行されます。

 上限は約2100BTCと決まっており、改変することは不可能です。 

 上限が設定されているのは、インフレを防ぐためであり、勝手に発行することはできず、

 新規発行のスピードも予めプログラムされています。 

Bitcoinは、ビットコインの概念、プロトコル、取引ネットワーク全体を示す単語です。

 

 

 

 

 

ビットコインアドレス

 

ビットコインアドレスとは、ビットコインを利用するに当たっての「口座番号」のようなものです。 

ビットコインアドレスは、「1」または「3」から始まる2734文字の英数字からなっており、公開鍵から生成されます。

ビットコインを送付する際には送付先のビットコインアドレスを指定します。また送付もとのビットコインアドレスの秘密鍵を保持していないと送付することが出来ません。

 標準のビットコインアドレスは1で始まり、よりセキュリティーの高いマルチシグアドレスは3で始まります。 

ビットコインアドレスは、Base58と呼ばれるフォーマットになっています。

バイナリデータを58文字で表現するフォーマットです。

Base64との違いはl(小文字:エル)と1(数字:いち)のように間違えやすい文字を除外していることです。

ビットコインアドレスから公開鍵(秘密鍵)を知る方法はないので極端な例としては秘密鍵なしでもビットコインアドレスを作成できます。

 

 

 

 

 

ブロック

 

ブロックは取引をまとめたもので採掘(マイニング)の単位でもあります。

 

 取引はブロックに含まれることで承認を得ます。したがってまだどのブロックにも属していない取引は未承認とみなされます。

 

1ブロック当たりの最大データサイズは現在1MBで、将来8MBにするか20MBにするかの議論がなされています。

 利用者にとってはサイズは大きい方がビットコインの送付スピードが早くなり便利ですが、採掘者(マイナー)にとって送付速度はある程度遅くないと追加手数料を得ることができません。

 10分毎に採掘によって複数の取引を含む新しいブロックがブロックチェーンに追加されます。

 各ブロックの生成時には、採掘者の報酬となる取引(コインベース)も同時に生成されます。

ビットコインは「始まりのブロック(Genesis)」から始まって、201510月現在で37万ブロックつながっています。

そしてこれからも10分ごとに1ブロックずつ積みあがっていきます。

 

 

 

ブロックチェーン

 

ブロックチェーンとは、ブロックの連鎖です。ブロックは一つづつ積み重なっていき、

この重なりのことをブロックチェーンと呼びます。あるブロックの上にたくさんのブロックがあるほどそのブロックが孤立ブロックになる可能性は少なくなります。

 

 一般的には5つのブロックが積み重なれば孤立ブロックになる可能性はほぼ0になったと判定されます。

ブロックチェーンに保存されている過去の全取引データはすべてのビットコイン・ユーザーで共有されます。

 

 

 

 

 

 

 

ペーパーウォレット

 

アドレスと秘密鍵を印刷し紙で保管する方法です。長期の保管が主目的であり、 完全にインターネットから遮断されるため最も安全な管理方法です。

 生成したらどこか安全な場所に保管してください。生成後はブラウザやPCプリンタのキャッシュを削除しておくのが安全でしょう。

ペーパーウォレットを失ったり、火事で消失したりすると永久にコインを失うリスクがあります。 

 保管場所の選定には注意しましょう。送金時にはインポート作業が発生するなど利便性が悪いです。

 

 

 

マイニング

 

採掘(マイニング)とは、新たなブロックを生成し、その報酬としてビットコインを手に入れる行為のことです。

 

 技術的には数学的な計算を繰り返し、特定の条件を満たす解を見つけるという行為であり、たくさんのハードウェアと電気代が必要になります。 

この行為がビットコインネットワークを安全に保つための源泉となっており ビットコインが自己完結的であるための重要な仕組みでもあります。 

 採掘者(マイナー)が採掘をする行為によりビットコインのP2Pネットワークが維持されており、その他の一般ユーザーはこの恩恵に与ってビットコインをネットワーク上で送付することが可能となります。

ブロックは、トランザクションをまとめたものです。

 まだどのブロックにも入っていないトランザクションを集めて、それに自分自身の報酬トランザクション(コインベースと呼びます)を加えたものに任意の数値(ナンスと呼びます)を加えてそのハッシュを計算します。

そのハッシュ値の先頭の0n個以上あれば(一定の数値以下の値であれば)採掘が成功し新たなブロックとして配信します。

 採掘という行為はナンスをどんどん変化させてハッシュ値がある数値以下になるまで繰り返すということです。

 

 採掘によって得られる報酬はコインベースの報酬とブロック内のすべてのトランザクションの手数料の合計です。

したがって手数料の大きいトランザクションは積極的にブロックに入り、低いトランザクションは後回しにされます。

 

 

 

 

 

マイニングプール

 

マイニングプールは、複数の採掘者(マイナー)で協力して採掘(マイニング)を行う仕組みを指します。 

マイニングプールでは、大勢が採掘に協力して条件をみたすナンスを探索します。 

マイニングプールのサーバーから、ナンス以外のブロックヘッダーが与えられ、条件を満たすナンスを探索します。採掘の結果、得られた採掘報酬(コインベース)を各採掘者の貢献度に応じて分配します。

 

 

ASIC

 

ASICとは、Application Specific Integrated Circuitの略で、特定用途向け集積回路を指します。

 

 電子部品の種別の1つで、特定の用途向けに複数機能の回路を1つにまとめた集積回路の総称。

 

 通常は「エーシック」と発音される。

 

Bitcoinのマイニングには、専用ASICを束ねたマシンも投入されており、一般に使われているPCGPUでは、 電気代さえ回収できないという現状です。ASICは、単独では動かず、動かす為にはノートPCなどが必要です。

 

 

 

 

 

Base58

 

Base58とは、バイナリデータを文字列で表現するフォーマットです。 

Base64というのはWebの世界では有名ですが、それと同じように

 バイナリデータを58種類の文字で表現するフォーマットです。

Base64との違いは、l(小文字:エル)と1(数字:いち)のように間違えやすい文字を除外していることです。

 例えば小文字のエルは使用できません。使用可能な文字は123456789ABCDEFGHJKLMNPQRSTU

 

 VWXYZabcdefghijkmnopqrstuvwxyzです

 

 

 

bitWire

 

メールアドレスの指定でビットコインが送付できるサービスです。

 支払いに、友達に、面倒なビットコインアドレスの入力が不要です。 

 

 

 

Block Height

 

Block Height(ブロックの高さ)とは、ジェネシスブロックを 0 とした時に、

そのブロックが何番目のブロックにあたるかということを指します。 

ブロックは、約 10 分間に 1 回できるので、 最新のブロックの高さ×10分でビットコインが生まれてからのおおよその経過時間が分かります。

 

 

 

 

 

BTC(ビーティーシー)

 

BTCとは、ビットコインの通貨単位です。1BTC0.0001BTCというように使用します。

XBTという単位はBTCと同じ意味で使用されます。ビットコインの最小単位は0.00000001BTCで、これは考案者の名前より特別に「1satoshi」と呼ばれます。

 

ビットコインは2009年の登場より大きく価格が上昇したため、1BTCの価格が大きく利用しづらい といった問題があります。これを補うために1mBTC(ミリ)0.001BTC1μBTC(マイクロ)0.000001BTCなどの補助単位があります。

 

 

 

 

 

 

 

mBTC

 

1BTC1/1,000の単位で、1 BTC = 1,000 mBTC = 100,000,000 satoshi です。

 

 

 

Satoshi(サトシ)

 

Satoshiとは、ビットコインの最小の通貨単位のことで、ビットコインの技術論文の著者である中本哲史氏の名が由来です。

 

0.00000001BTC=1Satoshiとなります。

ビットコインのプロトコル上では数量はSatoshi単位で取り扱われます。

 

 

 

Transaction fee

 

通常、取引所等が送金仲介手数料等として徴収する手数料ではなく、ビットコインの取引そのものにかかる手数料のことを指します。

ビットコインでは、取引手数料は採掘者へ報酬として支払われます。

 採掘者はすなわち取引の承認者なのでいなくなると取引ができなくなってしまいますが、

 将来コインの発行上限に達しても、この取引手数料が採掘の動機となり、採掘者がいなくならない仕組みになっています。

 

 

 

 

 

TxIn

 

TxInとはトランザクションのなかの支払元に相当する部分です。

ビットコインでは転々流通される取引の連鎖関係を すべて検証可能にする取引記録の記述様式が採用されています。

その基本構造は、複数の入金と複数の出金を表すインプット(TxIn)とアウトプット(TxOut)から構成されています。

 

TxInに指定したコインは送金者による電子署名が必要で、 「このインプットから入手したビットコインを使用してもかまいません」という送金者の意思の表明になります。

 

 

 

 

 

TxOut

 

TxOutとはトランザクションのなかの出金先に相当する部分です。

 

ビットコインでは転々流通される取引の連鎖関係を

 すべて検証可能にする取引記録の記述様式が採用されています。

 

その基本構造は、複数の入金と複数の出金を表すインプット(TxIn)とアウトプット(TxOut)から構成されています。

TxOutは「このアドレスにこの金額を送金してください」という意思の表明になります。 

またTxInの合計とTxOutの合計は一致しなければならない(手数料以外)のでおつりを 

自分自身のアドレスに支払う必要があります。

 

 

 

XBT

 

ビットコインの通貨単位のことです。BTCが一般的ですが、XBTという単位も使用されることがあります。

 

 由来はISO 4217で特定の国籍に依存しない場合に先頭にXを付けることからきています。